Blog

ブログ更新情報


2022

「人生起こること全てグッドタイミング」 4回AT 屋鋪侑司


まず始めに、平素より神戸学院大学男子ラクロス部を応援して

くださるOB・Gの方々、関係者の方々に感謝申し上げます。



4回生 #1  屋鋪 侑司



昨年からブログを書かせてもらう機会を頂き、今回で

2回目となります。


最後まで読んでいただければ不幸中の幸い

極まりないということで是非最後まで読んでください!






・今年のリーグ戦にかける思い


今年は、本当に多くの方々が僕たちのために

動いてくださりました。

そして、多くの時間を僕たちに要してくれました。


毎週のビデオミーティングや、幹部でのミーティング、

コーチ陣でのミーティング。


コーチの方々は、選手以上に僕たちの勝利のために

何度も話し合いをして、グラウンドにも沢山来て指導して頂いて、、



これは、当たり前のことなんかではなく、僕たちに

期待してくださっているからこそのこと。


最近、このことがとてつもなく頭の中にあります。


感謝   の一言では収まらない。




でも、1番大事な事は、結果で返すこと。


しかし、リーグ戦の初戦絶対に勝たないといけない試合で

勝ちきれなかった。


でもその試合があったから、その後の試合を

勝ち切ることができたと思う。






「人生起こること全てグッドタイミング」




この言葉通り、初戦の引き分けという結果を受け入れて、

3連勝に繋げることが出来ていると強く思う。



そして、



今年、神戸学院は1部に昇格します。



選手、スタッフ、コーチ陣、応援してくださる全ての方々が、

この1年悩みながらも、苦しみながらも頑張ってきた、

応援してきたこと、全てがド正面から肯定される瞬間に

変わると信じています。


自分たちの勝利は、もはや自分たちのものだけではなく、

関わってくれた人やそれ以上の人にまで影響を及ぼしています。




入れ替え戦を含め、残り3試合。



これまで以上の強敵が待っていますが、


まだまだ進化途中の神戸学院は、どの大学も止めれないでしょう!




僕は、なるべく多く点を取りチームに流れを持ってこれるように

走り抜きます!



えびさん、ゆうたさんから受け継いだ

『 1 』の番号に恥じない、自信に満ちたプレーで

会場を沸かせてみせましょう!








・後輩へ


3回生

コロナが流行りかけた時期にも関わらず、入部してくれて、

ここまで辞めずに続けてきてくれてありがとう。

練習試合も全然できずに試合経験が浅いのに今では

チームに欠かせない人ばっかりです。


3回生は、優しくて、大人な人が多くて、

雰囲気もめちゃくちゃ良いと思います。


人間的に未熟な4回生が多く、練習中も雰囲気が悪くなったり、

おりけんと言い合いになったりした時、

実は3回生を見習って落ち着こうと心がけてます♪


3回生とも一緒にラクロスするのがあと1ヶ月しかないと

考えると涙って感じですね〜。


残りの1ヶ月、一緒にアフターしたり、ご飯行ったり、

濃い時間を過ごせたらなと思っておりますよん!




2回生

辞めてしまう人が多い中、ここまで残ってくれて

ほんまにありがとう。


特にいまりは、選手1人やのにも関わらず、

向上心が高くて、自分に厳しくて凄いぞ!

ただ、自分で溜め込んでしまう所があるから

誰かに吐き出すことも時には必要だと思います。


あとは、ゆうじさんにもう少しリスペクトの心を持てば

大丈夫ですね。


スタッフの2人は、めちゃくちゃ仕事ができて、

たまに「まだ2回生なんか、3回かと思った」って言ってしまうほど

逞しく見える時があります。


3回生になると上がいない分今以上にしんどくなると思うけど、

満を持して引っ張っていけると思います!





1回生

この前のサマーでやっとラクロスの楽しさ、

難しさを感じれたのではないかと思います。


サマーでは、コーチとしてベンチに入らせてもらいましたが、

とても衝撃的な体験をすることが出来ました。



それは、3戦目、同志社戦です。


残り時間わずか、3点ビハインドで僕自身正直勝つことよりも

最後に残り時間使って1点を取らせてあげたいと思い、

戦術を言いました。


しかし、はるとが「それやったら勝てないです」と

言ってきたんですね。

稲妻のような衝撃が走りましたね。

残り時間がわずかでも、まだ勝つことを諦めないでいる姿勢に

ド肝を抜かれました。



文面では分からないと思いますが、ラクロス人生でトップを争う

体験だったのです。



何が言いたいかと言うと、

そんなはるとが引っ張っていく1回生は、未来しかない

ということです。


もちろんはるとだけじゃなくて1回生みんなまだまだラクロスを

知らないと思うので、もっとラクロスにハマって練習すれば、

強いチームになると僕は思っています。


残り1ヶ月、先輩として、育担として、

伝えれることは、全て伝えようと思うので

ウィンターや来年のリーグ戦で活躍する姿を楽しみにしています。







残り1ヶ月。

チーム一丸となって悔いのないよう走り抜きましょう!




そして祝勝会を開きましょう🥂







コメント
名前

内容